シネマート心斎橋@4F

僕の世界の中心は

少年の前に現れた美しい転校生との恋、そして恋の終わりを瑞々しく描いた切なく美しいひと夏の物語

【イントロダクション】
ドイツ児童文学界で著名なアンドレアス・シュタインヘーフェルの『Die Mitte der Welt』(Center of My World)が原作の、美しい映像と軽快でポップな演出と共に繰り広げられる、ある少年とその家族のひと夏の物語。主役のフィル役を演じた子役出身のルイス・ホフマンは『ヒトラーの忘れもの』で国際的に注目を集め、2015年東京国際映画祭にて最優秀男優賞を受賞した。本作では好きな人への思いに翻弄される思春期の少年の繊細な心を自然体で見事に演じ上げた。フィルが恋に落ちる転入生のニコラス役を『モンスターハンター』のヤニク・シューマンが、またフィルのエキセントリックな母親役には『コリーニ事件』のザビーネ・ティモテオが好演している。

【ストーリー】
訳もなく胸がドキドキした日々
僕たちの友情は終わらないと思っていた
サマーキャンプから帰ってきたフィルは、双子の姉ダイアンと母グラスとの間に険悪な空気を感じ取る。家での居心地が悪くなったフィルは残りの夏休みを女友達のカットと遊び歩いた。新学期が始まると、ハンサムで謎めいた転校生のニコラスがクラスにやってきた。カットの忠告をよそに、フィルはニコラスと一目で恋に落ちるが、フィルの親友であるカットは二人の姿に嫉妬を覚えていた…。
嵐のように吹き抜けた恋の後、少年が見つけた「僕の世界の中心」とは―

オフィシャルサイトはこちら↓
『のむコレ'21』公式サイト
配給会社ハークオフィシャルショップ

監督:ヤーコプ・M・エルヴァ
キャスト:ルイス・ホフマン、ヤニク・シューマン、スヴェニア・ヤング、ザビーネ・ティモテオ
原題: Die Mitte der Welt / 英題:Center of My World <ラブストーリー、LGBT>
配給:ハーク
ドイツ/2016年/115分
©UNIVERSUM FILM All Rights Reserved.

2022年1月28日(金)よりロードショー

RECOMMEND

PAGE TOP