シネマート心斎橋@4F

最強殺し屋伝説 国岡[完全版]

殺し屋ビジネスは実在した!
阪元裕吾監督(『ベイビーわるきゅーれ』、『黄龍の村』)が描く
禁断と日常の殺し屋ドキュメンタリー

【イントロダクション】
2018年、監督の阪元は女子二人組の殺し屋を描く新作映画『ベイビーわるきゅーれ』のシナリオに取り掛かっていた。阪元は“関西殺し屋協会”という殺し屋ビジネスネットワークがある事を知り、シナリオ作りの参考に協会に取材を申し込む。協会から紹介された人物は、京都最強と呼ばれるフリー契約の殺し屋・国岡昌幸(23)だった。国岡の密着取材を行う事になった阪元が見た殺し屋の生活は、笑って泣いて悩んで恋をして友人と酒を飲む一般人と変わらない日常生活と淡々と仕事としてこなす殺しの日々だった。ある日依頼元との連絡ミスで、間違った人間を殺してしまった国岡は、逆上した依頼元から送られてくるヒットマンと、殺された人間の仇を狙う者たちの両方に狙われる事になる。そして大殺戮の日々が始まる・・・

凄腕の殺し屋・国岡を筆頭にベテランサラリーマン殺し屋、舞子殺し屋、殺し屋ポンコツ集団、“ヒットガール”に憧れる女子殺し屋、危険な野良殺し屋など、個性あふれる殺し屋が続々と現れ、普段我々が知る事のない殺し屋ビジネスの実態と殺し屋の日常生活が赤裸々に語られる衝撃のドキュメンタリーが遂に公開。

【阪元裕吾コメント】
3年前に撮影した、殺し屋の生活を追ったドキュメンタリー「最強殺し屋伝説国岡」がいよいよ公開となります。これが後の「ベイビーわるきゅーれ」になるわけです。殺し屋という、普通じゃない彼の、普通の毎日。クレーマーと喧嘩したり、銃弾屋さんにぼったくられたり、好きな女の子からメールの返事が来なかったり、ヤバいやつらの恨みを買って壮絶な殺し合いに発展したり…。と、生きてたら誰でも経験するようなことが詰まっています。
「人生、色んなしんどいことと戦っていかなきゃいけないけど、なんとか切り替えてやっていこうな」というポジティブなメッセージのこもった作品になっています。数十人死んでますけどね。そしてラストの8分間に及ぶ肉弾戦はどんなアクション映画にも負けない壮絶なものになっています。日本一共感できる殺し屋の姿を、ぜひ劇場でご覧ください!

オフィシャルサイトはこちら

監督:阪元裕吾
演出部:栗原開、大坂健太
撮影応援:滝源裕仁、藤井愛稀、茶谷優太、伊能昌幸、吉井健吾
CG:若松みゆき
効果音:北摂サウンドプロダクション

キャスト:伊能昌幸/上のしおり、吉井健吾、松本卓也、でん一徳、申昇容、海道力也、藍海斗、中村銀次郎、ゆっけ、ゆっけ弟、地蔵竜希、田島剛、大坂健太、田中善則、藤井愛稀、安田ユウ、大島健真、雅マサキ、西村風音、若井志門、カランビットなぎさ、古屋華蓮、片山直樹、鬼木大地、小松遼太、うみのはるか、うみのつぐみ、森恵美、吉井優、木元康成、清水風太、北條風知、北見陽太、鈴木一真、竹村圭太、田辺はると、今井海渡、満腹満、茶谷優太、田中俊介

支援:ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、京楽ピクチャーズ. 株式会社
製作:阪元裕吾、キングレコード 配給:キングレコード 配給宣伝:ブラウニー 配給協力:ラビットハウス
©2021『最強殺し屋伝説国岡完全版』製作委員会

10月29日(金)から1週間限定上映‼

RECOMMEND

PAGE TOP