シネマート心斎橋@4F

狂猿

生きて帰るまでが デスマッチ

デスマッチのカリスマと呼ばれ国内外における知名度・人気・カリスマ性の全てにおいてトップの座に君臨し続けるプロレスラー葛西純 が デスマッチにかけた半生、半年にわたる長期欠場から、コロナ禍における未曾有の事態の中リングへの復帰を一年にわたり密着したドキュメンタリー映画『狂猿』が 2021年5月よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて劇場公開される事が決定しました。

葛西純、愛称は「狂猿(クレイジー・モンキー)」

1998年のデビューから“デスマッチ第三世代”として2000年代のデスマッチシーンを席巻。現在に至るまで国内外における知名度、人気、カリスマ性の全てにおいてトップの座に君臨し続けるプロレスラー・葛西純。愛称:狂猿(クレイジー・モンキー)としてリングに強烈なインパクトを与え続ける彼のことを、人は“デスマッチのカリスマ”と呼ぶ。

2019年夏ごろから悩まされていた腰椎椎間板と頚椎椎間板ヘルニアの併発により、長期欠場を決断。同年 12 月 25 日、自身のプロデュース興行を最後に長期欠場に入った。復帰を誓いコンディションの調整を とモチベーションを高く迎えた 2020 年。カリスマ不在のリングに 新型コロナウイルス というエンターテインメント業界そのものを脅かす未曾有の事態が襲 いかかる。 緊急事態宣言明けの 6 月 10 日。多くの団体が未だ興行に二の足を踏む中、 FREEDOMS は意を決し開催した有観客興行。そして こ の 日は誰もが心待ちにしていた“カリスマ復活 の日 ”となるのだが、そこにはこれまでのプロレスのあり方とは全く違う景色が広がっていた。人々の記憶に強烈に残る葛西純のデスマッチに対する美学。彼が歩んできた壮絶なデスマッチ人生とは相対し、家族に対する愛や、飾り気のないその生き様で多くのレスラーから尊敬され、ファンに愛される葛西純。壮絶なレスラー人生を葛西純と彼の人生を語る上では欠か せない人々の証言で物語る。

オフィシャルサイトはこちら

監督・撮影・編集:川口潤
キャスト:葛西純 ほか
製作:葛西純映画製作プロジェクト( スペースシャワーネットワーク ポニーキャニオン プロレスリング FREEDOMS 制作: SPACE SHOWER FILMS 企画:佐藤優子 配給: SPACE SHOWER FILMS
Ⓒ 2021 Jun Kasai Movie Project.

5月28日(金)よりロードショー

RECOMMEND

PAGE TOP