juJoeのボーカルとギターを担当する平井拓郎による同名小説を映画化!
運命とも必然とも言える出会いを綴った、バンドマンのほろ苦い青春ストーリー。

【イントロダクション】
本作はロックバンド・juJoeのボーカルとギターを担当する平井拓郎による同名小説を映画化した青春ストーリー。ミュージシャンを夢みる主人公・川嶋が、彼を支えるユリとともにメジャー音楽シーンの中心を目指すさまを描く。
バンドマンとして活躍した経験を持つ清家ゆきちが川嶋に、「全裸監督」「おかえりモネ」で知られる森田望智がユリに扮したほか、小野武正(KEYTALK)、梅田彩佳高石あかり松尾潤上村侑石橋穂乃香阿南健治千原せいじ竹中直人がキャストに名を連ねた。監督と脚本を「ニート・ニート・ニート」の宮野ケイジが担い、ライブシーンにはKEYTALKとcinema staffのメンバーが本人役で登場する。
また、新進気鋭の映画監督とアーティストをかけ合わせた映画祭・MOOSICLAB[JOINT]2021-2022 MOOSIC EYEの特別招待作品として、1月21日に「さよなら、バンドアパート」がプレミア上映されることが明らかに。東京・K's cinemaで行われる舞台挨拶に、清家、梅田、平井、宮野が登壇する予定だ。
ミュージシャンになる夢を持つ若者が、運命とも必然とも言える出逢いによって、路上ライブからメジャーデビューを果たし、その後の挫折までを赤裸々に描く。原作はjuJoeのボーカルとギターを担当する平井卓郎による同名小説。「note」で発表された当初から実体験に基づくリアルすぎる描写が多くの共感を呼び、わずか9ヶ月で書籍化。多くのバンドマンからも絶賛の声が上がり、映画化が決定。主人公のバンドマン・川嶋の波乱万丈な日々を綴った本作は、全ての”あの頃”を持つオトナたちに青春のほろ苦さを思い出させる。

【ストーリー】
ライブハウスが歓声で揺れている。光の中心にいるのは、バンドでギターとボーカルを担当する主人公・川嶋。人気ミュージシャンとして輝く光を放つ彼にも、”あの頃”がある。まだ誰でもなかった”あの頃”。無名の彼を支えたのは、運命的に出会った人々だった。
ミュージシャンになる夢に気づかせてくれた美咲、明るい笑顔の下に孤独を抱えていたユキナ、夢を追いかける背中を押してくれた恋人のユリ、父親のような存在のバイト先のオーナー、そしてバンドのメンバーたち。多くの人々との出逢いと別れ、そして絶望や衝突を不器用ながらも乗り越えた”あの頃”。
路上で歌っていた頃から、メジャーシーンに辿り着くまでを振り返りながら、川嶋は今日もあの頃の自分のような誰かのために歌っている。そして、約束を果たせないまま別れてしまったユリのことを今も想っていた…。

オフィシャルサイトはこちら

監督・脚本:宮野ケイジ
原作:平井拓郎「さよなら、バンドアパート」(文芸社刊)
プロデューサー:関顕嗣
音楽マネージメント:深水光洋
NFTプロデューサー:ERIC YN KIM
出演:清家ゆきち、森田望智、梅田彩佳、松尾潤、小野武正、上村侑、髙石あかり、石橋穂乃香、千原せいじ、阿南健治 / 竹中直人 / KEYTALK、cinema staff
制作プロダクション:FREBARI
配給・宣伝:MAP
配給協力:ミカタ・エンタテインメント
製作:映画「さよなら、バンドアパート」製作委員会
©2021「さよなら、バンドアパート」製作委員会
2021年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/97分