50年以上の時を経て初公開となった鉄のカーテンの向こう側で撮影された門外不出のフィルム、BS&Tメンバーや当時の関係者から提供された数多くの写真と証言、禁じられていたロックに呼応する聴衆の姿が印象深い圧巻の未発表ライブ映像、ニクソンとヘンリー・キッシンジャー国務長官の間で交わされたアメリカ政府文書、ルーマニアの秘密警察からのファイル――これまで明らかになっていなかった数多の機密データにより、ロック史のみならず現代の世界情勢にも繋がる分断の歴史が明らかになります。BS&Tファンならずとも70年前後黄金期のロックファンは必見の映画です。彼らが鉄のカーテン内で目撃してしまったもの、それ故に帰国した彼らを待ち受けていた事は――? 壮大な音楽サスペンス・ドキュメンタリーが日本に上陸!

【ブラッド・スウェット&ティアーズ】
1967年、ブルース・プロジェクトを脱退したアル・クーパー(vo, key)がボビー・コロンビー(ds)、スティーヴ・カッツ(gt)と結成。ホーンセクションを従えるロックバンドという斬新なサウンドは、その後のシカゴ、チェイス、タワー・オブ・パワーなどのホーン入りバンドが一世を風靡する先駆けとなった。68年のデビュー作『子供は人類の父である』は全米TOP50ヒットとなるが、直後アルは脱退。新ヴォーカルのデヴィッド・クレイトン・トーマス加入後のセカンドアルバム『血と汗と涙』は7週連続全米1位を記録、69年グラミー賞の4部門を受賞。収録曲の「スピニング・ホイール」「アンド・ホエン・アイ・ダイ」「ユーヴ・メイド・ミー・ソー・ヴェリー・ハッピー」もシングルチャートを席巻。そんな絶頂期の中、本作の舞台となる東欧ツアーへと旅立ってゆく。

【監督:ジョン・シャインフェルド】
『ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン』(2016)、『PEACE BED アメリカVSジョン・レノン』(2006)等の音楽ドキュメンタリーで日本でも高い評価を得る。本作は2024年の全米脚本家組合賞を受賞。本作についてのコメント:「本作は音楽愛好家やBS&Tファンのためだけのものでもない。政治スリラーであり、そして驚くほど力強い共鳴と、今日世界で起こっていることとの類似性を持っている」

予告編

監督

ジョン・シャインフェルド

キャスト

ボビー・コロンビー、スティーヴ・カッツ、デヴィッド・クレイトン・トーマス、ジム・フィールダー、フレッド・リプシウス(以上BS&Tメンバー)、クライヴ・デイヴィス(プロデューサー)、他

スタッフ

字幕:山口三平/2023年/アメリカ制作/112分